≪はじめに≫

私は66歳の’元’末期の肺がん患者です。

ステージIII-bの肺がんから遠隔転移し、ステージIVの末期の肺がんに進行してしまいました。

しかしその後、奇跡の逆転ホームランを打って癌(がん)に打ち勝つことができました。

癌(がん)と闘い、癌(がん)を退治し、そして癌(がん)を再発させない。

そのためには、「自分の体内の癌(がん)細胞の扱い方をマスターする」ことが必要だということがわかりました。

健康な人を含め、全ての人の体内に癌(がん)細胞は存在するといわれます。

その癌(がん)細胞が体内で活性化し、正常な細胞を侵食し、悪性の腫瘍に病変すると癌(がん)になります。

私の場合は肺がんという形で病変しましたが、癌(ガン)の部位やステージには関わらず。

肺がん完治後の今、私は体内に存在している癌(がん)細胞を抑え、二度と肺がんのみならず、癌(がん)を活性化させない自信があります。

この自信のおかげで、癌(がん)再発のトラウマ(悪夢)に襲われることもありません。

この私の肺がん闘病記を読んで頂いている皆さんにも、癌(がん)に打ち勝つ自信を持って頂きたいと思います。

まず何はともあれ、癌(がん)を宣告され余命を告げられても決して諦めないことです。

医師が告げる「余命」は決して「絶対的な余命」ではありません。

医師の言葉を本音に置き直すと、きっと次のようになります。

「私たち医師は日本の医師の国家資格をもって医療に従事しています。」

「従って、日本国政府が認可した医療法・医薬品しか使用できません。」

「あなたの癌(がん)も、日本国政府が認可した医療法・医薬品によってのみ治療します。」

「しかしそうした場合、過去の例から判断して、あなたは●ヵ月しか生きられません。」

「もちろん、日本国政府が認可した治療法以外にも、世界には様々な癌(がん)の治療法があります。」

「また、我々の治療が根ざす西洋医学の範囲外にも、様々な癌(がん)の治療法があります。」

「残念ながら、我々日本国の医師免許を持つ人間は、こうした治療法をお薦めすることもできません。」

「さらに、あなたの病気に打ち勝つ精神力がどのくらいかによっても、この余命は劇的に変わってくる可能性はあります。」

「しかし私の立場では、過去の事例に基づいた余命しか申し上げられません。」

「ということで、私があなたの癌(がん)を治療すると余命は●ヵ月くらいですが、その治療を始めていいですか?」

医師があなたに本音でこんな話をしたとしたら、あなたはその医師に治療を任せるでしょうか?

肺がんのみならず、ガンと闘い完治させることは、本人にしかできません。

医師も昼夜一生懸命やってくれており本当に頭が下がります。

しかし医師はあなた以外にも何十人、何百人という患者を同時に診ているのです。

なので医師があなたの癌(がん)との闘いに常に付き添うことはできません。

その医師に「医者なんだから治してください」と言っても、医師自身の身体でな

いためできない事もたくさんあるのです。

ですから、医師が提案する治療法については、「良し」と思ったらやる。

そしてやると決めた治療法については担当医師を信頼する。

しかし、医師が言うことだけやっていたのでは、駄目だということです。

医師が言うことだけやっていたのでは、医師が言った余命どおりになってしまうということなんです。

今でこそ、私はこのようにもっともらしいコメントができるようになりました。

しかし、その私自身も、「持っても2年」と私に宣告した主治医に身を任せるのみで、肺がんとの闘いをしているつもりになっていたのです。

そうしたら主治医の予告どおり、様々な治療の甲斐無く、約1年半後に私の肺がんは末期まで進行してしまったのです。

家族がほかの治療方法を見つけてくれなかったら、抗がん剤でボロボロになった体であっさり臨終を迎えていたでしょう。

私が癌(がん)に打ち勝つことができたのは、息子・娘・家内の家族全員が、それでは駄目だと思ってくれたからです。

私の家族は、私の癌(がん)を治す他の治療法を見つけてくれて、私にそれを試す勇気を与えてくれました。

私が癌(がん)と闘った2年4ヵ月は、自分の身体、精神、心について深く考えた2年4ヵ月でした。

また、素晴らしい人間の絆を見つけることができた、そんな貴重な期間だったと思います。

是非この体験を、癌(がん)に苦しむほかの方々と共有させて頂きたいと考えました。

そして、一人でも多くの方に癌(がん)との闘いの「勝ち組」になって頂きたいと願っています。

そんな想いをのせ、息子の協力でこのホームページをつくりました。

私以外の、癌(がん)を克服した仲間たちからの、肺がんなど癌(がん)闘病記も掲載しました。

多くの方々が癌(がん)に打ち勝ち、新しい人生のスタートを切ことができることを、心から願ってやみません。

本闘病記は、癌治療の可能性が西洋医学の三大療法に限定されることなく、広く統合医療、自然療法といった代替医療にも目が向けられることにより、 癌治癒への可能性が高まる事を願って、米国統合医療協会(AAIM: AmericanAssociation of Integrative Medicine)、米国自然医療従事者組合(AHMA:American Holistic Medical Association)の自然療法医などのご協力を得て掲載させて頂いています。

「癌をやっつけるブログ」ホームページ主催者より
タイトル: 諦めないで!あなたにもできる癌(がん)の克服!
66歳 男 肺癌(がん) 
ステージIII-b⇒ステージIV(末期)⇒完治

カテゴリー: 肺がん治療 |