<年末年始に米国旅行へ>

1年近い化学療法で副作用も段々と苦痛になってきていました。

一番閉口したのは、点滴が血管にうまく入らず、皮下漏潤してしまったことです。

腕がぶよぶよに腫れ、たまらない鈍痛に悩まされました。

通院とじわじわ上がり続ける腫瘍マーカーにも疲れてきていました。

そんなとき息子が、米国西海岸へ1週間の旅行を提案してくれました。

私が会社勤めの時に赴任していたこともあるロスアンゼルスでゆっくりしてくればというのです。

治療を渡米の前後2週間を含め、約1ヵ月にわたって休む不安はありました。

しかし気分転換も兼ねて家内と一緒に行ってくることにしました。

先生の許可も無事おりて、9時間近い飛行時間も、それほど気になりませんでした。

ロサンゼルスは冬にも関わらず気候が温暖なので日中はみなさん半袖で過ごしまていました。

私は病気で体感温度が人より5度以上低くなっているようでした。

外出時はセーターとウィンドブレーカーを着込んでいました。

昔懐かしいダウンタウン近くにある韓国街やリトル東京に行って食事をしました。

食事などで外出していないときは、一緒に来てくれた息子にコツを教わりながらインターネットで癌(がん)の情報を探しました。

癌(ガン)と闘う仲間を探していろいろと情報交換をしたりすることにもチャレンジしました。

「それじゃあ気晴らしにならないでしょう」と家内にたしなめられてしまいました。

しかし、このときの情報交換が、その後私の命を救うことになるとは、私も思いませんでした。

カテゴリー: 肺がん治療 |