<ステージIII-b肺がんを告知される>

私は、2005年に大動脈解離をやりました。

その1年後の経過観察中の2006年の6月19日に、肺に影が見つかりました。

PET検査の結果「上左肺S6に腫瘤、ステージIII-bの肺がんに矛盾しない」との所見がなされました。

肺がんの告知でした。

大動脈解離以来、それまでに何度も胸の撮影はしていました。

にもかかわらず、ステージIII-bに至るまで癌(がん)は発見されませんでした。

いかに癌の早期発見が難しいかを物語っていると思います。

PET検査の後に生検を行ないました。

生検とは、生針検査の略で、癌(がん)治療を始める前に行なうサンプルテストだそうです。

癌(がん)でないのに、癌(がん)用の治療をしてしまう医療ミスを避けるために行なうそうです。

具体的には、私の場合背中から針を刺して肺の患部細胞のサンプルをとり、悪性かどうかを見ました。

結果は悪性腫瘍の細胞でした。

肺がんであることの最終確認がおこなわれたのです。

しかし、その生検後しばらくして強い胸の痛みに襲われました。

肺に水が溜まった結果の痛みでした。

主治医曰く、

「癌性胸膜炎による胸水で予後不良です。」

「つまり、癌(がん)細胞が肺中にばら撒かれてしまった状態で難しい状況です。」

この主治医は大動脈解離のときからの主治医でした。

何でも正直に教えてほしいと頼んでありましたので、余命は長くて2年くらいと教えてくれました。

私は愛煙家でした。

それを、大動脈解離を患ってからは一生懸命タバコを止めたのです。

他にも小まめに検査をするなど、それ以上大病をしないように用心をしていました。

にもかかわらず、何よりも恐れていた肺がんにかかってしまいました。

それも胸水で肺全体に癌(がん)細胞が撒かれてしまった。

さらにリンパ節にも転移している。

本当にたいへんなことになってしまったわけです。